2011年10月31日月曜日

STUDS PANTS

本日より順次店頭に並んでいると思います。都合によりweb shopでの販売は今月中ごろになります。
それまで待てない!って方は店舗にお問い合わせしてみてください。

PL-007 STUDS PANTS
color: black / grey
material: cotton 95% PU 5%
size: S、M、L
price: ¥18,900-(in tax)

2011年10月26日水曜日

Vive Le Rock!

最近、楽しみにしてる雑誌Vive Le Rock!マガジン。
最新号の表紙は現在英国ツアー中のTHE SPECIALS。
PUNKやNEW WAVEを中心に扱うこの雑誌、内容はおよそ現代の物とは思えない70~80年代のバンド名が連なっている。僕の世代では嬉しくなってしまうような連中ばかりで現在の活動の記事から当時のレア写真まで。
向こうの雑誌にはよくあるコンピCDもついてお得です。(こっちはお馴染みの名曲も入ってますがマイナーなバンドのサンプラー的?な感じでしょうか。)
一つ前の号は元祖海賊のアダムアントさん特集。
数年前まで奇行を繰り返し精○病院に収容されちゃってましたが最近はライブをこなすまでに復帰しているようです。マルコムの葬儀の時もボンテージパンツで参列してましたね。

Amzon.じゃ見つけられなかったんでタワーの本屋さんで入手しました。
興味ある方はぜひ。

2011年10月19日水曜日

The Texas Chain Saw Massacre

お待たせしました、新作シャツの到着です。
今週末あたりにデリバリー開始します。

胸のプリントは映画「悪魔のいけにえ」イギリス公開時に作られたステッカーをモチーフにしています。

PL006 I SURVIVED SHIRT
color: white / black
material: cotton 100%
size: M.L 
price:¥16,800(in tax)

2011年10月3日月曜日

New dealer

新しく取り扱っていただける店舗が増えました。
福井のMRAさんと広島のGarlandさんです。
いずれも地元の方にはお馴染みの素敵なお店だと思います。
福井では初の卸先さんなのでリアクションが楽しみな町です。
広島は以前も取りあるかっていただいていたUNDER COVER時代からの友人のヒロシくんのお店なので手放しでお任せします(笑)
これまで通販で購入いただいていた方には実際にお店で見ていただけると思いますのでお近くの方は是非お立ち寄りください。
よろしくお願いします!


MRA
〒918-8114 福井県福井市羽水2丁目132

TEL 0776-63-6643


Garland shop in shop UNDERCOVER hiroshima
〒730-0036 広島県広島市中区袋町6-19
 TEL 082-545-4620

2011年10月2日日曜日

STUDS PANTS

今月リリース予定のスタッズパンツです。
ストレッチ素材のスリムストレートでフロントのポケット周りに極小のスタースタッズとヘキサゴンスタッズが打たれています。
PL-007 STUDS PANTS
material: COTTON95% PU5%
color: black / grey  size: S,M,L
price: ¥18,900(in tax)


目黒区祐天寺にあるPEEL&LIFTも取り扱っていただいているショップ「MItsuME」のオーナーでブランド「anglasad」のデザイナーの護くん。公私共にお世話になってます。
険しい顔をしてますが楽しい山登りの打ち合わせ中でした。
MItsuMEのディスプレイ。PEEL&LIFTの過去の商品にヴィンテージ加工施し額装したもの。
MItsuMEにて COPKILLER Tee絶賛発売中。残り僅か。
僕もヘビーローテーションで着用しています。

2011年10月1日土曜日

先生来日

昨日、馬場先輩率いるROLLとLewis leathers japan がリニューアルということでレセプションへ行ってきました。
iPhoneでブレブレ撮影でスマソ。
すでに酔っ払っています。17年前、僕がイギリスに遊びに行った時に共通の友人を介して現地滞在中だった馬場さんを紹介してもらって以来のお付き合い。
左はスタッフのミツ。やや昭和テイストの二枚目。

そしてLewisの社長デレック。彼とはセディショナリーズのトレードを通じて知り合って以来、ずっと僕のパンクの先生です。僕の知りたいことを全て知っていて何でも教えてくれます。アダム&ジ・アンツのギター、マルコピローニも彼に紹介してもらいました。ちなみに20年前は原宿にあった伝説の某パンクショップのバイヤーだったのでそこで買い物してたからある意味その頃から世話になってるかも。その後、日本のパンクショップのお手伝いなどを経て現在はLewis leathersの社長に。長年、日本のマーケットを見てるだけにLewisの企画もかなり日本人のツボをついていると思います。
弊社工場長もここぞとばかりに一張羅のLewisのライダースで参加。


馬場さん、デレックおめでとうございます!!