2012年6月7日木曜日

rich kids

1977年12月25日、今から35年前のクリスマス、SEX PISTOLSの英国における最後のギグが行われた。
バンドはその3週間後アメリカで空中分解し、次のギグは96年まで待つことになる。
その最後のギグでジョニーロットンが着ていたTシャツはPISTOLSを脱退したグレンマトロックが結成したバンドrich kidsを揶揄する内容のプリントなんですがどういった経緯でこれが作られたんだろう。PISTOLSっぽいといえばぽいけど。

今回、PEEL&LIFTでそのTシャツを作ってみました。当時の物が残っていたというイメージでインクが劣化して剥げ落ちた感じにプリント。各所にピンホールダメージ、すでに定番化してきたヨダレプリント。Tシャツは退色して色褪せたテイストになるよう染めで表現しています。その為、黒いボディはチャコールグレイっぽく、白は生成りっぽくなっています。(いわゆる普通の黒、白ではないのでご注意を!)
【PL028】 rich kids Tee
color : white / black
material : cotton 100%
size : M , L , XL
price :¥6,825 (in tax)
delivery : end of June.
余談ですが冒頭の映像、会場の壁にはPISTOLSのポスターが貼られ、招待された子供たちは皆seditionariesのTシャツを着て「お前は売奴」なんて曲に合わせて飛び跳ねてて、シドもジョニーもケーキのクリームまみれになりながら子供と遊んでて…って凄い空間ですよねwこの子供、僕と同い年ぐらいなんだろうぁ。


追記:上記のような事を書いてたら大ちゃんからその子供のドキュメンタリー映像が送られてきました。流石です。

0 件のコメント:

コメントを投稿