2012年7月20日金曜日

vtg army trousers

ボンテージトラウザースを”発明”したマルコム・マクラレンはアーミーパンツ(ディテールから察するにU.Sアーミーの60年代製ベイカーパンツと思われる。)のシルエット、素材には英国鉄道の作業員用ジャケットに使われたコットンサテン生地のデッドストックを使用した。(本人の回述だが真偽は定かでない。)
英国ではトラディショナルな素材で、かつその光沢具合にフェティッシュな要素を見出したマルコムだったが、今日的に生地だけ見てしまえば何のことは無い黒い光沢のあるコットンに過ぎないのかも。


と、言うわけでP&Lでは素材をそのままにフェティッシュ要素を無くし、ベイカーパンツのほうへ振り幅を戻してみました。
ダメージ加工こそしていませんがオリジナルのボンテージパンツに近いコットンサテンを用い、生地に対して太めの綿糸で縫製、洗いをかけることによって起きる糸の縮みで発生する”よれ”(ヴィンテージデニムなどで言うところのパッカリング)を作る事で独特の風合いを表現しています。
この生地感と風合いはオリジナルのボンテージパンツを知る者にこそ見ていただきたいと思います。
対して白もオリジナルボンテージと同様のコットンヘリンボーン生地をユーズド風に染めてアタリ感を出しています。
白のボンテージパンツといえばある特定の層には特に反応していただけるでは、と思います。
(ですよね!toru eyeさん!)

vtg army trousers
color : white / black
material: cotton 100%
size : M (W83L86)  L(W86L89)
price :21,000 (in tax)
delivery : mid of July.
ブラックは今週末頃の入荷になります。詳しくは取り扱いショップまでどうぞ。
(ホワイトのみ8月中旬入荷予定となっています。)




0 件のコメント:

コメントを投稿