2013年8月2日金曜日

train robber in rio

ジョニー・ロットンとシド・ヴィシャスを失ったPISTOLSは当時ブラジルに亡命していた英国の列車強盗ロナルド・ビッグスに新しいヴォーカルの白羽の矢を立てます。(まぁ、ほとんど映画の脚色ですけど)
その過程を映画劇中で最もらしく描く訳ですがその中で登場するレコーディングシーンでビッグスが着ている「SUPERKICKER」というSUPER MAN風のロゴと謎のカウボーイのキャラクターがプリントされていたTシャツ。昔からこのTシャツが気になって古着屋で探したりしていました。(未だ見つけてませんけど。)

という訳でPEEL&LIFTで勝手に復刻しました。
この謎の「SUPERKICKER」、なぜビッグスが着用していたかは判りませんがかつてABC/DUNHILLレコードがリリースしていたカントリー&ウェスタンミュージックのコンピレーションアルバムのタイトルでキャラクターもそのジャケットに使われていた物と推測出来ます。レーベルは79年に消滅しているので最末期の物なのでしょうか。
オリジナルは映像には映りませんが「ABC/DUNHILL RECORDS」の文字がプリントされていたのをアレンジしています。
古着をイメージした染み込みプリントにより若干の調整はしていますが同じ色でプリントしてもこれだけ下地の色に干渉されます。
 superkicker tee
color : eclu / red / black
material : cotton 100%
size : S / M / L / XL
price : ¥7,350- (in tax)
delivery : coming soon

0 件のコメント:

コメントを投稿