2014年1月8日水曜日

drift

今年最初の商品はこちら、DRIFTプリントのロンtee。
半袖では何パターンか商品化した柄ですが今回は新規で作ったロングスリーブteeです。
袖の付け根に切り替え、肩の黒タグとSEDITIONARIESを継承したスタイル。
ブラックは敢えて白のインクを薄く希釈する事で透け感を出し、古い染み込みインクの風合いを再現。
白をはっきり発色させないところに拘っています。生地自体も黒から退色したイメージで若干チャコールに振っています。
プリント、生地の染色に加え、首元に若干ゆとりを持たせ、さらにボールバイオウォッシュでアタリ感を出して初めて着た瞬間から着込んだ古着のような雰囲気になるようにしています。
drift L/S tee
color : black / ecru
material : cotton 100%
size : M / L / XL
price : ¥10,500- (in tax)
delivery : coming soon...
今週末頃入荷


DRIFT:SEX/SEDITIONARIESの”DANCE”Tシャツのデザインのルーツである1966年に発表されたAndre Bertrandによるシチュエーショニストの冊子Le Retour de la Colonne Durutti(ドルッティコラムの帰還)に掲載された2人のカウボーイのアートワーク。吹き出しのセリフ自体はSituationist InternationalのMichelle Bernsteinの小説より引用されている。
このイラストにインスパイアされたマルコムマクラーレンがNEW YORK DOLLSとの仕事で訪れていたNYで見かけたゲイ雑誌MAN POWER!に掲載されたCOLT STUIOによる下半身を露出した2人のカウボーイのイラストを見つけ2つを再構築してより深く意味づけをした。
PEEL&LIFTでは再度この2つのイメージを解体、ルーツであるイラストに戻す作業をしている。 

colt studioのイラストに描かれSEXのTシャツに転用されたセクシャルな意味で書かれた"DANCE"というロゴをシチュエーショニストが都市を徘徊し創作活動を続ける自らのライフスタイルをカウボーイが牛を連れ町を流転するライフスタイルに準えて"DRIFT"と呼んだ事にヒントを得て同じタッチで描き起こした。
シドヴィシャスが身に付けた事によりPUNKファッションの代表的アイコンの一つとなったTWO COWBOYSのデザインをリスペクトし、単なるパロディとせずPEEL&LIFT的解釈として深化させたデザインとして昇華出来たのではないでしょうか。 
"DANCE"のデザインが産まれた経緯に関してはポールゴーマン氏のブログに詳しく書かれています。


0 件のコメント:

コメントを投稿